高所作業車についての基礎知識Basic_knowledge

作動規制装置

作動規制装置は、作業高が設定された作業範囲を超えようとしたとき、ブームの作動を自動的に規制する(停止または警音を発する)装置で、高所作業車の転倒を防止するためのものです。

伸縮ブーム型

第1ブームの起伏角度及び第2ブームの伸長量を電気的に検出し、右図の作業範囲を超えようとしたとき、起伏(下)及び伸縮(伸)作動を停止します。

屈折ブーム型

第2ブームの車両水平に対する角度を機械的または電気的に検出し、右図の作業範囲を超えようとしたとき、起伏(下)及び屈折(上)作動を停止します。なお、第1ブームの起伏角度には関係しません。

過負荷防止装置(モーメントリミッタ)

過負荷防止装置は、バケット内の負荷、作業半径などを検出し、負荷に応じた安全な作業範囲を確保するための装置です。

basic3_1.gif

非常停止装置

非常停止装置は、機械の転倒など不測の事態が発生しそうになった場合に、非常停止スイッチまたは非常停止レバーにより、ブーム、走行等の作動を停止するものです。

非常用降下装置

非常用降下装置は、機械の停止など不測の事態が発生した場合に、作業床上の作業者が地上に降りることができる装置または器具のことです。

走行警報装置(ホイール式、クローラ式)

走行警報装置は、高所作業車を走行させると自動的に警報(ブザー)を発する装置で、走行操作レバーと連動してスイッチが入るようになっているものです。

車体傾斜角規制装置

車体傾斜角規制装置は、車体が傾斜した状態で作業床を上昇させようとしたとき、あるいは走行中に車体傾斜角の許容範囲を超えたときに、警報を発するもの、あるいは作業床の上昇を自動的に停止させるものがあります。検出器は車体に固定され、許容範囲を超えると電気が切れるようになっています。

安全弁

作業中にオーバーロード(過荷重)または衝撃荷重がかかったとき、油圧回路に異常に高い圧力が発生し機械を損傷させる恐れがあります。これを防止するため高所作業車の油圧装置には、安全弁が装備され、各型式ごとに使用する圧力が決まっていて、常に回路内の圧力が設定圧力以上にならないようになっています。

逆止弁

配管およびホースの破損やこれらの連結部分が外れたりすると、シリンダ内の圧力が異常低下し、作業床等が急激に降下します。これを防止するため、ジャッキ用、起伏用、伸縮用、屈折用及び垂直昇降用の各シリンダに逆止弁が設けられています。特にジャッキ用、伸縮用及び屈折ブーム型の起伏用が、シリンダを伸ばす方向への外圧がかかるためダブルの逆止弁になっています。

過積載規制装置(垂直昇降型)

過積載規制装置は、作業床に許容される積載荷重を超えて荷重を載せたときに、リストシリンダ内の圧力を検知し、リスト作動停止または警報を発する装置です。

アウトリガインターロック装置(トラック式)

アウトリガインターロック装置は、運転者がジャッキセットを忘れてブームを作動することを防止するため、ジャッキを規定以上張り出していないとき又はジャッキに規定の負荷がかかっていないときに、電気的な制御をしてブームの作動をすべて停止する装置です。

走行速度規制装置(ホイール式、クローラ式)

走行速度規制装置は、作業床が指定の高さ以上では、走行を低速走行又は停止に自動的に切換える装置で、走行用油圧モータの流量を制御することにより、低速走行又は停止します。

車体前後方向表示(ホイール式、クローラ式)

作業床において走行操作ができ、作業床が旋回台とともに旋回する高所作業車には、車体の前後方向(進行方向)を作業床から確認することができる表示がされています。

お問い合わせ

高所作業車や高所作業台に関するお問合せは
お気軽にご連絡ください。