高所作業車についての基礎知識Basic_knowledge

高所作業車の用途

高所作業車は下記のような用途で使用されています。

建設工事
建築工事
鉄骨の建て方、天井、外壁の取付け等。
建築工事に使用される高所作業車は一般的には自走式で、不整地や軟弱地では設置圧の低いクローラ式が、堅土上や地盤を痛めてはならない場所ではホイール式が主に使用されます。
設備工事
ダクト、パイプ、電線などの材料および機器の運搬とその取付けまでの持ち上げなどに使用されます。
土木工事
トンネル、ダム、橋梁その他の建造物工事などに使用されます。
電気・通信工事
電線路、通信路およぶその支持物の建設、保守工事等に使用されます。
道路上で使用することが一般的であるため、トラック式が主に使用されます。また、作業の特殊性からブームおよびバケット部は極力絶縁化されているものを使用します。
樹木の剪定作業
公園や庭園の高い樹木のお手入れをする際にも使用されます
街灯の電球交換工事
交換する電球の持ち上げも兼ねて高所に運ぶことが可能です。
造船所や補修、航空機の洗浄作業
造船所での船体製造や補修点検、空港での機体の洗浄などにも使用されています。
スポーツやコンサートの撮影
スポーツや屋外コンサートのテレビ中継や映像撮影などにも使用されます。

まずはお気軽にお問い合わせください

【受付時間】平日9:00〜17:30