サービスとサポートSERVICE

高所作業車の「点検」していますか?

高所作業車は、労働災害防止を目的に労働安全衛生法により規制を受けることになり、「始業前点検」「月例点検」「年次点検」義務付けられております。機械を管理または使用される方は、法規を遵守し、以下の法令点検を実施してください。

点検・検査区分 実施時期 結果の保管期間
作業開始前点検 機械を使用する前 点検表を機械が稼働しているあいだ保管
定期自主検査
(月例点検)
月1回 検査表を3年間保管
特定自主検査
(年次点検)
年1回 検査表を3年間保管(機械に実施済標章を貼付すること)

※基本的にはULEシリーズ以外、及び使用頻度が数ヶ月に1回程度のお客様が対象です。

法令点検

法令点検義務がない機種は、「保守点検」がおすすめです!

弊社では、製品の性能を本来の状態に保つことにより、安心して高所作業にあたっていただけますよう、保守点検をお勧めしております。
特に、以下該当する機種をお持ちのお客様は、保守点検をご検討ください。

  • 年式の古い機種(ULEシリーズ)
  • 使用頻度が月1回以上の法令点検の義務がない機種
保守点検

検査の流れ

1. 現地訪問

専門のサービスマンが現地へお伺いします。

2. チェック

本体の動作チェック、電気系、油圧系装置のチェックをします。

3. 調整・整備

各部の調整・整備を行います。

お客様施設での検査が困難な場合や重整備が必要な場合は、運送便を手配しお預かりでの検査等も可能です。
ご不明点は、お気軽にお問い合わせください。

現地訪問・チェック 現地訪問・チェック

まずはお気軽にお問い合わせください

【受付時間】平日9:00〜17:30